今や飛行機で欠かせないマイルの存在

飛行機をよく利用する人からすれば、マイルの存在は欠かすことができないでしょう。

この貯まったマイルを使って、海外旅行を楽しんだりする人もたくさんいるわけです。ただ、普段あまり利用しない人からすれば、マイルの意味自体よく知らない人も多いかもしれません。

まずはマイルの基本について知ろう

マイルというのは、簡単に言えば航空会社が提供しているポイントを意味します。よくスーパーを利用している人なら、そのお店のポイントカードを使っている人も多いでしょうが、基本的にはそれと同じシステムなわけです。

マイルをもらうために必要なことは、まずマイレージプログラムに申し込むことになります。ネットで申し込みをするか、あるいは飛行機に搭乗する際に申し込むか、もしくは航空会社が発行しているクレジットカードを申し込むかのいずれかとなります。

申し込みが完了すれば、あとは飛行機を利用するたびにマイルが付与されることになります。貯まったマイルは、もちろん航空券を購入する際に使うことができますし、他にもエコノミークラスからビジネスクラスにグレードアップしたり、手荷物料金の支払いに使ったり、提携のお店やホテルなどに使うこともできます。

マイルを効率的に貯めるにはどうすればいいか

マイルをよく効率的に貯めるには、ただ飛行機を利用するだけでなく、それ以外にもいろんな活用方法を覚えておくようにしましょう。

例えば、航空会社が発行しているクレジットカードで買い物をすれば、それだけでどんどんマイルを貯めることができます。

また、公共料金の支払いも全てそちらで行えば、普通の会社員の人でも年間で1万マイルぐらいは貯めることができるでしょう。

あとは、特定の店舗でカードを利用すれば2倍のマイルがもらえたり、提携先のホテルで宿泊した場合にもマイルが貯まったりするので、そういった付加要素を積極的に活用していけば、さらに効率的にマイルを貯めていくことができるでしょう。

旅行が好きな人にとっては、マイルは本当に有難い存在になってくれますし、自分の趣味をより充実させてくれる頼もしいサービスなのです。そうでなくても、貯めて損をすることは絶対にないので、自分のペースでマイルを貯めていきましょう。