飛行機に乗るのは難しく感じてしまう?

今まで飛行機に乗ったことがない人、あるいは乗ったことがあっても修学旅行や家族旅行でしか乗ったことがない人もいるでしょう。そのような人が初めて自分一人で乗る際には、難しく感じてしまうかもしれません。

もちろん、決して複雑な手順はありませんし、最低限の注意事項さえ守れば問題ありません。

決して搭乗するのに難しいことや複雑な手順はない

飛行機に搭乗する時には、もちろん色々な手続きを行う必要があります。また、セキュリティチェックの方も実施されますから、それが複雑な印象を強めているのだと思われます。しかし、国内線でも国際線でも、そこまで難しい手続きが必要なわけではないので、決して不安になる必要はありません。

大まかな手順としては、空港に到着したらチェックイン手続きを行い、手荷物も預けてセキュリティチェックを行うことになります。あとは出発の20分ほど前から搭乗案内がされるので、順次機内へと搭乗することになります。

国際線の場合も基本的な流れは同じですが、セキュリティチェックが終わった後に出国手続きを行うことになります。

現地に到着したら、国内線であれば手荷物を受け取りそのまま到着ロビーへと向かうだけです。国際線であれば、入国検査を行い免税でない物品を持っている場合には、税関申告を行うことになります。

搭乗によるセキュリティチェックが終わった注意点など

飛行機に搭乗する際の注意点ですが、セキュリティチェックを行う際には、金属製のベルトやアクセサリーなどは探知機に引っかかる可能性が高いので、事前に外しておくのが望ましいです。また、セキュリティチェックが終わった先は、お店などはほとんどない場所となるので、買い物や食事などは事前に済ませておくようにしましょう。

国際線に関しては、出発の1時間前には搭乗手続きが締め切られることがほとんどなので、2時間前までには空港に到着しておくのが望ましいです。また、国内線と違って自動チェックイン機があるとは限らないので、場合によっては手続きにかなりの時間を要する可能性もあります。

あとは、手荷物をスムーズに受け取れるように、目印となるような物を付けておくなどして、できるだけ余計な時間を費やさないよう工夫をしましょう。