ファクタリングとは売上、売掛金などの債権を買取ってもらえるサービスなのです

企業の売上というのはすぐにお金になるというわけではなく、大半が売掛という形になります。

小売関係とか消費者相手のサービス業であればそうでもないですが、多くは売掛という形で後日、料金、売り上げのお金をもらう形になります。

しかし、そうなると手元に現金が乏しくなることがあるのです。

そんな時に使えるのがファクタリングサービスなのです。

このサービスによって売掛金などを債権として買取ってもらうことができるようになります。

一種の債権買取サービス

一般にファクタリングといえば、買取タイプを指すことが多いです。

事業者が持っている売掛債権を期日前に、つまりはそのお金を受け取る前に手数料を差し引いて買取る、ということをしてくれるわけです。

かなり一般的な資金調達法であり、債権の売買、債権譲渡契約という形になります。

いろいろと注意勧告が出されていたりするので不安と思うかもしれませんが、きちんと認められた金融サービスとなります。

資金調達法というよりは資金を回すために必要になってくるという形のサービスであります。

売上が立ったのはいいが受け取るのが数ヶ月後というのでどうしても資金が回らなくなった時などに活用できるサービスとなってます。

もし売掛先に問題が発生したら?

基本的に売掛金などの自社が保有する債権を買い取ってもらうという形になります。

その売掛金の支払いが来た時にそのファクタリング業者が受け取るという形になるわけですがこの場合売掛金の会社が倒産したらどうなるのかという不安があることでしょう。

ファクタリング契約を締結後した後に、取引先からの入金がされなくなった場合などに関してなのですが要するに不渡り状態となります。

しかし、これでもすでに売り渡している形となりますので原則的には支払いの義務というのは発生しなくなります。

その部分において別途契約を締結していたり、特約なんかがついている場合は別でありますが、基本的には買取り、となりますから、その後に関しての責任は利用者は負わない形が殆どになっています。

ファクタリングサービスによって得られる利点というのは資金の確保という部分になります。

自社の売掛金の買取をしてもらうという形になりますので別に借金という形でもないですし、それが不渡り的な状態になったとしても別にそれに関する追加での支払いの義務というのが発生するわけではないのでかなり利用しやすいサービスとなってます。

当たり前ですが手数料はとられることになりますから、そこは注意しておきましょう。

売掛債権を買取ってもらおうとしていることが相手方に知られることはあるのか?

ファクタリングサービスを利用したということを知られたくないという企業の方が圧倒的に多いことでしょう。

債権の買取ということになりますので資金繰りが悪いのではないかと勘ぐられる可能性があるからです。

しかし、バレないようにもできますし、バれるというよりは知られるやり方もあります。まさにやり方次第となります。

ファクタリングサービスを使うということに関してちょっと抵抗感があるような企業というのも少なからずあることでしょう。

当然ながら受け取る金額は売り上げた金額よりも出るということになりますしなにより、資金繰り云々ということで悪い風評が立つのではないかということがあるからです。

しかし、そうした点は心配無用です。

相手にその情報がいくことはないからです。

その秘密は守られることになっていますから、安心できます。

通知されることは殆どない

企業にとって風評というのはやはりとても重要なものであり、特にあそこは資金繰りが悪くなってきているというような風評が立ったりしますと取引にも支障が出たりするわけです。

その為、売掛債権を早く現金にすることができるファクタリングサービスを利用したということがバレたりしますと少なくとも良い印象を相手に与えることがないとはいえます。

ですが、この点はあんまり心配しなくてよいことになります。

2社間ファクタリングであれば、あくまで契約はファクタリング会社と自社の2社間のみになりますから、心配しなくてもよいです。

ファクタリング会社としてもその売掛先に関して問い合わせたりとか報告義務というのがあるわけではないのです。

知られることもないわけではない

ファクタリングサービスの利用の方法によってはその売掛金先、債権の元のところにバレることもあります。

バレるというよりは、そちらも巻き込んでの形、ということになります。

それが3社間ファクタリングと呼ばれるものになります。

これは3社間でファクタリングを行うものであり、その3社とは売掛先とファクタリング会社、そしてファクタリング利用企業となります。

3社間ファクタリングで行うことになりますと債権譲渡の承諾を得るために、売掛先の企業へのアプローチ、連絡がされることになります。

ですから、バレる云々のレベルではなく、相手先を巻き込んで、という形になります。

ちなみにバレやすいのにどうしてそうするのかと言うと2社間ファクタリングと比べますと手数料が安くなる傾向があるからです。

ファクタリングサービスを利用していることに関してばれるのかということですが、やり方によることになります。

ファクタリングサービスの業者との2社間でのやり取りということになりますとバレる可能性というのは極めて低いですが、3社間ファクタリングですと相手も巻き込んでという形になりますのでばれるというよりは知られることになります。

コメントは受け付けていません。