今すぐ現金を用意したい!資金に困った時はファクタリングの利用がおすすめ

手元に資金を素早く調達したい時、手段の1つとして頭に入れておきたいのがファクタリングです。

利用する際には手数料を支払う必要がありますが、借入金を増やすことなく現金を用意することが可能です。

借金をせずに現金を用意できるファクタリングとはどのようなものなのか、仕組みや利用するメリットについて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

資金繰りに困ったらファクタリングがおすすめ!

資金繰りに困ったら、ファクタリングの利用を検討してみるのがおすすめです。

ファクタリングとは、将来必ず返さないといけない借金を作ることなく手元に現金を用意できる方法で、中小企業をはじめ個人事業主でも対応してもらえます。

ファクタリングとは何か、仕組みとメリットについて解説しますのでぜひ参考にしてみてください。

資金繰りに困った時に使える!ファクタリングの仕組みとは

ファクタリングとは、借り入れをせずに現金を手元に素早く調達できる方法です。

現金に変えられるのは自社が保有している売掛金や受取手形といった「代金の支払いを受ける権利」で、ファクタリング専門業者が買い取ってくれます。

買取を依頼した側にかかる負担は、買取手続きや振込などでかかる手数料です。

この手数料については、手出しして支払うのではなく買取代金から差し引くことで清算が行われます。

そのため、ファクタリングでより多くの現金を手にしたい場合は、ファクタリング業者の信用度などと併せて設定している手数料も確認し、より条件の良いところを選ぶのがおすすめです。

積極的に検討できるファクタリングのメリットとは

1. 将来的に返す金額が増えるわけではない

ファクタリングの最大の魅力は、ファクタリングで現金を手にしても借金が増えるわけでは無いという点です。

将来的に返さないといけないお金が発生するわけではないため、金銭的負担はありません。

ちなみに、売上金をもらう予定の取引先が倒産などで支払えなくなった場合も負債を追うことはありませんし、貸借対照表上でも借入金になることはなく自社の財政に影響を与える心配もありません。

2. スピーディーに現金を手にできる

ファクタリングは、最大申込当日に現金を振込んでもらえるというスピーディーさも大きな魅力の1つです。

買取依頼には諸資料の提出が必要ですが、利用手続きのフローや準備すべき書類さえ頭に入れておけば、スムーズに手続きを終えられるでしょう。

書類を持って業者に出向く必要なく、メールやファックスで手続きを完結できる業者も多く、手続きのために時間を確保する必要がない点も注目したいポイントです。

ファクタリングを利用することで、借金を増やすことなく現金をスピーディーに手元に用意できます。

書類上借入金になることがないため財政に影響が無いほか、取引先が売上金を支払えなくなっても責任を負う必要はありません。

近くにファクタリング業者がなくても、ファックスやメールで完結することも可能です。

売上があるのに今すぐ購入しないといけないものがある時や、他の支払いが間に合わないといった時に、ファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。