フリーランスのファクタリングでは手数料や利用可能金額そして買取スピードに注目しよう!!

ファクタリングはある程度の企業だけではなく、個人事業主やフリーランスの方も利用できる資金調達方法です。

では実際にフリーランスの方がファクタリングを利用したい場合、どのような点に注意したらいいのでしょうか。

資金調達することだけを目的としてしまうと、資金調達ができても後悔の残る結果となる可能性があります。

良い条件で資金調達をするためにも、ファクタリング会社の選び方や利用する際の注意点を押さえておくことが大切です。

状況に合わせて資金調達の方法を選びましょう。

手数料に注意が必要

業績が悪化していて、銀行に融資を断られたということもあるでしょう。

そのような業績が悪化しているタイミングであっても、売却可能な売掛債権を持っている場合にはフリーランスの方でもファクタリングによる資金調達が可能です。

ですが売掛債権を売却して資金調達ができるといっても、売却時には手数料が発生してその分だけ損をします。

期日まで待って現金化する場合より手数料の分だけ確保できる現金が減ってしまうため、手数料が高いファクタリング業者を選ぶと損をしたと後悔するリスクが高いという点を押さえておきましょう。

そこでファクタリングを利用するのであれば、手数料の負担が少ない業者を選ぶことが大切です。

業者ごとに手数料が異なるので、比較して利用する業者を選択しましょう。

買取可能な金額と対応スピードに注目

フリーランスがファクタリングを利用したい場合に注意が必要なポイントの1つが、買取可能な金額です。

ファクタリング会社は、買取可能な売掛債権の上限と下限が設定されているケースが多くなっています。

少額の売掛債権の場合、買取を断られる場合もあるため、事前に買取可能な金額はいくらからなのか確認しましょう。

特にフリーランスの場合には少額の買取を依頼することが多いので、下限の金額のチェックが必要不可欠です。

さらにファクタリングで大切なポイントの1つが、買取完了までにどのくらいの時間がかかるのかという点です。

急いで資金調達が必要な場合には、即日の対応が可能なファクタリング会社を選ぶのも1つの手です。

ファクタリングはフリーランスの方も利用できる選択肢ですが、実際に利用する場合には手数料に注意が必要です。

手数料の負担が大きいと、その分だけ損をしたと感じて公開するリスクが高くなります。

同じようなファクタリング会社でも手数料が異なるので、比較して少しでも手数料の負担が少ないところを選びましょう。

また手数料だけではなく、ファクタリング会社選びでは、買取可能金額の下限や買取にかかるスピードにも注目しましょう。

利用条件を確認しておくことで、フリーランスの状況に合った形でファクタリングを利用した資金調達が行いやすくなります。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。