ファクタリングは安全な資金調達法!!でも注意すべき点は存在する

ファクタリングは安全!でも見逃してはならないポイントをチェック

ファクタリングは安全であると言われていますが、その根拠はどこにあるのでしょうか?もしかするとファクタリングをなんとなく利用しているだけで、そのシステムについてあまり理解していないという人もおられるかもしれません。

ではファクタリングが安全と言われる理由について見ていきましょう。

しかし安全だからと言って、何も確認せずに契約するのは危険です。

では契約時にはどのようなポイントをチェックすべきなのでしょうか?この点についても見ていきたいと思います。

ファクタリングは安全である理由

ファクタリングは金融機関からお金を借りるシステムではありません。

商品販売やサービスの提供によって得られるはずの報酬を前借するシステムです。

金融機関からお金を借りた場合、返済のために資金調達をしなければなりませんし、返済期間が長くなると利息が増え、返済がさらに難しくなります。

ファクタリングの場合、こうした状況に追い込まれることはありません。

また審査時に担保や保証人も必要なく、自分の持ち物を失ったり家族や友人に迷惑がかかることもありません。

ファクタリングを行う際は手数料が取られるもののマイナスとなるのはそれだけで、負債が増えるようなこともないのです。

これがファクタリングが安全であると言われる理由です。

ファクタリング契約時の注意点

ファクタリングの契約を行う際、注意すべき点がいくつかあります。

まず、契約書の中に売主が債権を買い戻す要求や売掛金が回収できない場合に売主がその責任を負うという規定があるかどうかです。

ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に買取ってもらった時点で売主と売掛金の関係は絶たれることになります。

つまり売掛金の回収はファクタリング会社が行うべきで、売主には関係ありません。

そのため上手く回収できないからといって、ファクタリング会社が売主にその責任を問うことはできないのです。

また高額な手数料が提示された場合、契約書にサインするのは避けるべきです。

これも法で定められていないことに目をつけ、法外な値をつけている可能性があるからです。

安全でも気を抜くべきではない

ファクタリングは金融機関からお金を借りることとは異なります。

そのため負債を抱えることも、利息を支払うこともないのです。

だからといって何も考えずにファクタリング会社を選んだり、現金化されるスピードだけを重視してファクタリング会社を選ぶことは避けるべきです。

契約を行う際は売掛金に関する規定が正統なものか、また高額な手数料の記載がないかなど、重要なポイントは必ずチェックすべきです。

フリーランスのファクタリングでは手数料や利用可能金額そして買取スピードに注目しよう!!

ファクタリングはある程度の企業だけではなく、個人事業主やフリーランスの方も利用できる資金調達方法です。

では実際にフリーランスの方がファクタリングを利用したい場合、どのような点に注意したらいいのでしょうか。

資金調達することだけを目的としてしまうと、資金調達ができても後悔の残る結果となる可能性があります。

良い条件で資金調達をするためにも、ファクタリング会社の選び方や利用する際の注意点を押さえておくことが大切です。

状況に合わせて資金調達の方法を選びましょう。

手数料に注意が必要

業績が悪化していて、銀行に融資を断られたということもあるでしょう。

そのような業績が悪化しているタイミングであっても、売却可能な売掛債権を持っている場合にはフリーランスの方でもファクタリングによる資金調達が可能です。

ですが売掛債権を売却して資金調達ができるといっても、売却時には手数料が発生してその分だけ損をします。

期日まで待って現金化する場合より手数料の分だけ確保できる現金が減ってしまうため、手数料が高いファクタリング業者を選ぶと損をしたと後悔するリスクが高いという点を押さえておきましょう。

そこでファクタリングを利用するのであれば、手数料の負担が少ない業者を選ぶことが大切です。

業者ごとに手数料が異なるので、比較して利用する業者を選択しましょう。

買取可能な金額と対応スピードに注目

フリーランスがファクタリングを利用したい場合に注意が必要なポイントの1つが、買取可能な金額です。

ファクタリング会社は、買取可能な売掛債権の上限と下限が設定されているケースが多くなっています。

少額の売掛債権の場合、買取を断られる場合もあるため、事前に買取可能な金額はいくらからなのか確認しましょう。

特にフリーランスの場合には少額の買取を依頼することが多いので、下限の金額のチェックが必要不可欠です。

さらにファクタリングで大切なポイントの1つが、買取完了までにどのくらいの時間がかかるのかという点です。

急いで資金調達が必要な場合には、即日の対応が可能なファクタリング会社を選ぶのも1つの手です。

ファクタリングはフリーランスの方も利用できる選択肢ですが、実際に利用する場合には手数料に注意が必要です。

手数料の負担が大きいと、その分だけ損をしたと感じて公開するリスクが高くなります。

同じようなファクタリング会社でも手数料が異なるので、比較して少しでも手数料の負担が少ないところを選びましょう。

また手数料だけではなく、ファクタリング会社選びでは、買取可能金額の下限や買取にかかるスピードにも注目しましょう。

利用条件を確認しておくことで、フリーランスの状況に合った形でファクタリングを利用した資金調達が行いやすくなります。

ファクタリングの利用は合法?違法性は?!その利用にあたって注意すべき点とは?

金融庁が注意喚起している「ファクタリング」の利用。

ゆえに、そのサービスの利用にさまざまな不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、ファクタリングの利用にそもそも違法性があるのか、また、利用時に注意すべき点、また利用に注意が必要なファクタリングの種類を紹介します。

ファクタリングの利用を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

ファクタリングは違法?

金融庁が「ファクタリングに関する注意喚起」をしているため、ファクタリングそのものに違法性があるのではないか。

そのような不安を覚えている人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ファクタリング自体は合法なサービスです。

問題になっているのはファクタリングという名で提供されているサービスの中に「偽装ファクタリング」、要はファクタリング契約と見せかけて別の契約を結ばせる犯罪行為が紛れ込んでいる、ということです。

これらトラブルに巻き込まれないためにも、契約書の中に「債権譲渡契約(売買契約)」の記載がない業者と契約を結ぶのは絶対にやめましょう。

また逆に、「売り主が債権を買い戻す規定(買戻請求権)」や「売掛金が回収できない場合に売主の負担で支払う規定(償還請求権)」の記載がある契約書も注意が必要です。

「給与ファクタリング」には注意が必要!

ファクタリングと一言で言ってもいくつかの種類があります。

そして、その中でも特に利用おすすめできないファクタリングのひとつが、「給与ファクタリング」です。

この給与ファクタリングは、個人が勤務先からもらえる給与をファクタリング会社に売却し、丘陵の支給日より前に現金を手に入れることができるサービスのことです。

ただこれ、売却と銘打っているものの、実際には賃金債権を担保にした融資でしかありません。

売買契約ではなく、ユーザーから見たそれは単なる借金に過ぎません。

そのため、給与ファクタリングサービスを提供する事業者は、貸金業法の貸金業登録が必要です。

ただ、中には闇金融業者などが違法な金利を取り立てるなどの問題が発生しています。

こちらも金融庁が注意喚起しているファクタリングに該当します。

利用する際には、単に借金をしているだけ。

その自覚を持った上で慎重に利用をする必要があります。

本来のファクタリングサービスに、違法性は一切ありません。

ただ、ファクタリングサービスを提供している企業の中に、悪徳業者が紛れ込んでいるのも事実です。

契約書に少しでも違和感を覚えたら、契約を結ばないのが無難です。

また、ファクタリングという名はついているものの、給与ファクタリングは単なる借金に過ぎません。

安易な利用は絶対にやめましょう。

今すぐ現金を用意したい!資金に困った時はファクタリングの利用がおすすめ

手元に資金を素早く調達したい時、手段の1つとして頭に入れておきたいのがファクタリングです。

利用する際には手数料を支払う必要がありますが、借入金を増やすことなく現金を用意することが可能です。

借金をせずに現金を用意できるファクタリングとはどのようなものなのか、仕組みや利用するメリットについて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

資金繰りに困ったらファクタリングがおすすめ!

資金繰りに困ったら、ファクタリングの利用を検討してみるのがおすすめです。

ファクタリングとは、将来必ず返さないといけない借金を作ることなく手元に現金を用意できる方法で、中小企業をはじめ個人事業主でも対応してもらえます。

ファクタリングとは何か、仕組みとメリットについて解説しますのでぜひ参考にしてみてください。

資金繰りに困った時に使える!ファクタリングの仕組みとは

ファクタリングとは、借り入れをせずに現金を手元に素早く調達できる方法です。

現金に変えられるのは自社が保有している売掛金や受取手形といった「代金の支払いを受ける権利」で、ファクタリング専門業者が買い取ってくれます。

買取を依頼した側にかかる負担は、買取手続きや振込などでかかる手数料です。

この手数料については、手出しして支払うのではなく買取代金から差し引くことで清算が行われます。

そのため、ファクタリングでより多くの現金を手にしたい場合は、ファクタリング業者の信用度などと併せて設定している手数料も確認し、より条件の良いところを選ぶのがおすすめです。

積極的に検討できるファクタリングのメリットとは

1. 将来的に返す金額が増えるわけではない

ファクタリングの最大の魅力は、ファクタリングで現金を手にしても借金が増えるわけでは無いという点です。

将来的に返さないといけないお金が発生するわけではないため、金銭的負担はありません。

ちなみに、売上金をもらう予定の取引先が倒産などで支払えなくなった場合も負債を追うことはありませんし、貸借対照表上でも借入金になることはなく自社の財政に影響を与える心配もありません。

2. スピーディーに現金を手にできる

ファクタリングは、最大申込当日に現金を振込んでもらえるというスピーディーさも大きな魅力の1つです。

買取依頼には諸資料の提出が必要ですが、利用手続きのフローや準備すべき書類さえ頭に入れておけば、スムーズに手続きを終えられるでしょう。

書類を持って業者に出向く必要なく、メールやファックスで手続きを完結できる業者も多く、手続きのために時間を確保する必要がない点も注目したいポイントです。

ファクタリングを利用することで、借金を増やすことなく現金をスピーディーに手元に用意できます。

書類上借入金になることがないため財政に影響が無いほか、取引先が売上金を支払えなくなっても責任を負う必要はありません。

近くにファクタリング業者がなくても、ファックスやメールで完結することも可能です。

売上があるのに今すぐ購入しないといけないものがある時や、他の支払いが間に合わないといった時に、ファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

ファクタリングが信用問題に発展しないのには理由と対策があるので大丈夫

ファクタリングも書類を提出して、審査を受けるので金融の融資のようなイメージがあるかもしれません。

しかし、キャッシングやローンとは異なり、お金の貸し借りではないので金融ではありません。

ですから信用問題のことを不安に考えることは不要です。

ただ、別の意味での信用問題で注意する点もありますので、そこだけ確認しておくと、安心スピーディーなファクタリングを実感できます。

審査結果は金融の信用情報とは別

ファクタリングで対応可能か審査を受けます。

それが金融の信用情報に載ったら、今後困るのではと思う人もいるでしょう。

確かにキャッシングやローンなどの審査のときに、ファクタリングを受けた、もしくはそれがダメだったなどの情報が載っては、マイナスになってしまうので避けたいところです。

でも、安心してファクタリングを申し込んでください。

ファクタリングはお金を貸すという定義とは異なりますので、金融会社の審査で使う信用情報は照会しません。

ですから、当然ですがファクタリングの情報も載りません。

ファクタリングをしたからといって、今後ローンが組めなくなるとか、取引先に情報が漏れるといったことはありません。

ですからファクタリングを利用すれば、信用を無くすことに直結してしまうというのは間違ったイメージです。

取引先に不安がられないようにするのも大切

もう1つ、別の意味での信用問題があります。

それは取引先がどう思うかです。

ざっくばらんな近しい関係性なら、事情を説明すれば問題なく進められるでしょう。

また、事業の今後の流れや詳細な状況を説明すれば、急にファクタリングを知らされるよりも納得してもらえて協力が得られます。

さらにもっと踏み込んで、取引先にわからずにファクタリングは行いたいという場合もあります。

ファクタリングの了承を得るよりも、信用問題になってしまう方が大きい場合には、無理に知らせるよりも2社間ファクタリングを利用すれば安心です。

誤解を招くよりも、知らせずに審査を進めることができる方法をとれば、取引先との信用問題にもならずピンチも静かに切り抜けられます。

ファクタリングは審査情報がのちのち響くのでは?とか、周囲にバレて信用してもらえなくなるのでは?といった不安が付きまといます。

しかし、どちらも心配無用で、審査情報はファクタリング業者独自で、金融の信用情報とは別物です。

また、取引先に知られない2社間ファクタリングの選ぶこともできます。

ですから、ファクタリングはまわりに知られずに済み、関係性を保ちながら資金調達ができるのです。

ファクタリングには種類がいくつかあるのでどっちを選ぶのかが大事です

企業が資金調達、資金の確保をする方法というのはいくつかあるのですが、その一つにファクタリングサービスというのがあります。

これは売掛債権を買取ってもらうことができるものであり、ファクタリング業者を通すのは間違いないのですが、いくつかパターンがあったりします。

それによって、色々と違いが出てくることになります。

その違いをよく理解しておき、利用する際に間違わないようにすることが重要でしょう。

2つのパターン

ファクタリングのサービスには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングというのがあります。

2社間ファクタリングは、名前の通り、自分とファクタリング会社の間のみですべてが完結する契約であり、売掛債権先の承諾などを特に得られるものではなく、ファクタリングを使った、利用したことが相手にバレる可能性は極めて低くなります。

3社間ファクタリングですと自分とファクタリング会社、そしてその債権の先も含めて契約を行うものであり、売ろうとした債権、買取に出そうとしていた売掛債権の先に確実にバレる方法となります。

この2つが基本的にはファクタリングサービスとしてあるわけですが、バレたくないというのであれば利用するべきは2社間ファクタリングのほうであるといえるでしょう。

どちらにメリットがあのか

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは、基本的に2社間ファクタリングの萌芽手数料が高くなります。

そもそもどうしてバレることになる3社間ファクタリングという選択をする場合もあるのか、といえばコストが低く抑えられる要素があるからです。

しかし、その分、資金繰りに関して少なからず不安定な要素があるということが売掛先に知られてしまう、ということになります。

これは実はそこそこリスクがあることでもあります。

ファクタリングサービス自体はとても優秀であるともいえるのですが、資金調達方法としては最終手段の一つでもあるといえることになります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングというのがファクタリングサービスというものには存在していますのでどちらかを選ぶという形にはなります。

相手先にバレたくないのであれば2社間ファクタリングにすることになるでしょう。

手数料の面から見ますと3社間ファクタリングのほうが安くはなります。

しかし、こちらはバれる云々というよりも相手に伝える前提となります。

その点は理解しておきましょう。