ファクタリングが信用問題に発展しないのには理由と対策があるので大丈夫

ファクタリングも書類を提出して、審査を受けるので金融の融資のようなイメージがあるかもしれません。

しかし、キャッシングやローンとは異なり、お金の貸し借りではないので金融ではありません。

ですから信用問題のことを不安に考えることは不要です。

ただ、別の意味での信用問題で注意する点もありますので、そこだけ確認しておくと、安心スピーディーなファクタリングを実感できます。

審査結果は金融の信用情報とは別

ファクタリングで対応可能か審査を受けます。

それが金融の信用情報に載ったら、今後困るのではと思う人もいるでしょう。

確かにキャッシングやローンなどの審査のときに、ファクタリングを受けた、もしくはそれがダメだったなどの情報が載っては、マイナスになってしまうので避けたいところです。

でも、安心してファクタリングを申し込んでください。

ファクタリングはお金を貸すという定義とは異なりますので、金融会社の審査で使う信用情報は照会しません。

ですから、当然ですがファクタリングの情報も載りません。

ファクタリングをしたからといって、今後ローンが組めなくなるとか、取引先に情報が漏れるといったことはありません。

ですからファクタリングを利用すれば、信用を無くすことに直結してしまうというのは間違ったイメージです。

取引先に不安がられないようにするのも大切

もう1つ、別の意味での信用問題があります。

それは取引先がどう思うかです。

ざっくばらんな近しい関係性なら、事情を説明すれば問題なく進められるでしょう。

また、事業の今後の流れや詳細な状況を説明すれば、急にファクタリングを知らされるよりも納得してもらえて協力が得られます。

さらにもっと踏み込んで、取引先にわからずにファクタリングは行いたいという場合もあります。

ファクタリングの了承を得るよりも、信用問題になってしまう方が大きい場合には、無理に知らせるよりも2社間ファクタリングを利用すれば安心です。

誤解を招くよりも、知らせずに審査を進めることができる方法をとれば、取引先との信用問題にもならずピンチも静かに切り抜けられます。

ファクタリングは審査情報がのちのち響くのでは?とか、周囲にバレて信用してもらえなくなるのでは?といった不安が付きまといます。

しかし、どちらも心配無用で、審査情報はファクタリング業者独自で、金融の信用情報とは別物です。

また、取引先に知られない2社間ファクタリングの選ぶこともできます。

ですから、ファクタリングはまわりに知られずに済み、関係性を保ちながら資金調達ができるのです。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。