ファクタリングには種類がいくつかあるのでどっちを選ぶのかが大事です

企業が資金調達、資金の確保をする方法というのはいくつかあるのですが、その一つにファクタリングサービスというのがあります。

これは売掛債権を買取ってもらうことができるものであり、ファクタリング業者を通すのは間違いないのですが、いくつかパターンがあったりします。

それによって、色々と違いが出てくることになります。

その違いをよく理解しておき、利用する際に間違わないようにすることが重要でしょう。

2つのパターン

ファクタリングのサービスには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングというのがあります。

2社間ファクタリングは、名前の通り、自分とファクタリング会社の間のみですべてが完結する契約であり、売掛債権先の承諾などを特に得られるものではなく、ファクタリングを使った、利用したことが相手にバレる可能性は極めて低くなります。

3社間ファクタリングですと自分とファクタリング会社、そしてその債権の先も含めて契約を行うものであり、売ろうとした債権、買取に出そうとしていた売掛債権の先に確実にバレる方法となります。

この2つが基本的にはファクタリングサービスとしてあるわけですが、バレたくないというのであれば利用するべきは2社間ファクタリングのほうであるといえるでしょう。

どちらにメリットがあのか

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは、基本的に2社間ファクタリングの萌芽手数料が高くなります。

そもそもどうしてバレることになる3社間ファクタリングという選択をする場合もあるのか、といえばコストが低く抑えられる要素があるからです。

しかし、その分、資金繰りに関して少なからず不安定な要素があるということが売掛先に知られてしまう、ということになります。

これは実はそこそこリスクがあることでもあります。

ファクタリングサービス自体はとても優秀であるともいえるのですが、資金調達方法としては最終手段の一つでもあるといえることになります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングというのがファクタリングサービスというものには存在していますのでどちらかを選ぶという形にはなります。

相手先にバレたくないのであれば2社間ファクタリングにすることになるでしょう。

手数料の面から見ますと3社間ファクタリングのほうが安くはなります。

しかし、こちらはバれる云々というよりも相手に伝える前提となります。

その点は理解しておきましょう。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。