ファクタリングは安全な資金調達法!!でも注意すべき点は存在する

ファクタリングは安全!でも見逃してはならないポイントをチェック

ファクタリングは安全であると言われていますが、その根拠はどこにあるのでしょうか?もしかするとファクタリングをなんとなく利用しているだけで、そのシステムについてあまり理解していないという人もおられるかもしれません。

ではファクタリングが安全と言われる理由について見ていきましょう。

しかし安全だからと言って、何も確認せずに契約するのは危険です。

では契約時にはどのようなポイントをチェックすべきなのでしょうか?この点についても見ていきたいと思います。

ファクタリングは安全である理由

ファクタリングは金融機関からお金を借りるシステムではありません。

商品販売やサービスの提供によって得られるはずの報酬を前借するシステムです。

金融機関からお金を借りた場合、返済のために資金調達をしなければなりませんし、返済期間が長くなると利息が増え、返済がさらに難しくなります。

ファクタリングの場合、こうした状況に追い込まれることはありません。

また審査時に担保や保証人も必要なく、自分の持ち物を失ったり家族や友人に迷惑がかかることもありません。

ファクタリングを行う際は手数料が取られるもののマイナスとなるのはそれだけで、負債が増えるようなこともないのです。

これがファクタリングが安全であると言われる理由です。

ファクタリング契約時の注意点

ファクタリングの契約を行う際、注意すべき点がいくつかあります。

まず、契約書の中に売主が債権を買い戻す要求や売掛金が回収できない場合に売主がその責任を負うという規定があるかどうかです。

ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に買取ってもらった時点で売主と売掛金の関係は絶たれることになります。

つまり売掛金の回収はファクタリング会社が行うべきで、売主には関係ありません。

そのため上手く回収できないからといって、ファクタリング会社が売主にその責任を問うことはできないのです。

また高額な手数料が提示された場合、契約書にサインするのは避けるべきです。

これも法で定められていないことに目をつけ、法外な値をつけている可能性があるからです。

安全でも気を抜くべきではない

ファクタリングは金融機関からお金を借りることとは異なります。

そのため負債を抱えることも、利息を支払うこともないのです。

だからといって何も考えずにファクタリング会社を選んだり、現金化されるスピードだけを重視してファクタリング会社を選ぶことは避けるべきです。

契約を行う際は売掛金に関する規定が正統なものか、また高額な手数料の記載がないかなど、重要なポイントは必ずチェックすべきです。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。